クラウドファンディング実施例

折れ耳の隠れた真実。

​スコティッシュフォールドに遺伝子検査を

 

日本初・実績No.1のクラウドファンディングサイト「READYFOR」において、多くの方々の賛同をいただきました。

logo-d805b539aaed7808ba01da7259da5832184
cf_bunner.png
プロジェクト概要

折れ曲がった小さな耳、ふくろうのような丸い顔に加え、性格もおとなしく飼いやすいことで人気のスコティッシュフォールド。

 

しかし、スコティッシュフォールドの一番の特徴である“折れ曲がった耳”は、“軟骨の異常によって起きた奇形”に起因するものであり、四肢にも症状が現れる『遺伝性骨軟骨異形成症』という遺伝性疾患の発症リスクのサインである可能性があります。

 

この疾患の治療は、対処療法のみで根本的な治療法は見つかっていないため、発症すれば生涯痛みを感じ続けるしかありません。

 

猫は言葉が話せないので、外に表れる症状が「遺伝」なのか「後天的」なのか分かりません。

 

しかし、2016年にスコティッシュフォールドの骨軟骨異形成症の原因遺伝子が特定され、「遺伝子検査」による発症リスクの判定が可能になりました。


現状を把握することで、発症を遅らせるケアの仕方なども知ることができます。

 

発症すると治らない病気と隣り合わせのスコティッシュフォールドのために、遺伝子検査の大切さを広げたい。

 

*プロジェクトを通して応援いただき、第一目標の100万円へ到達すれば、みなさんのご支援で遺伝性疾患発症の不安を抱える100匹のスコティッシュフォールドに遺伝子検査を実施することができます。

4475716_m (1).jpg

スコティッシュフォールドは、国内の人気品種10年連続1位の猫でありながら、その特徴である“折れ耳”と同時に、耳だけでなく四肢にも症状が現れる、 『骨軟骨異形成症』という遺伝性疾患の存在が認知されています。
この疾患の治療は、対処療法のみで根本的な治療法は見つかっていないため、発症すれば生涯痛みを感じ続けるしかありません。

SFOCD2.png

スコティッシュフォールド骨軟骨異形成症

(Scottish fold osteochondrodysplasia, SFOCD)

publicdomainq-0015541kvbjsp.jpg

”スコ座り”は痛みを和らげる行動かもしれません

出展:Hubler M, Volkert M, Kaser-Hotz B, Arnold S. “Palliative irradiation of Scottish Fold osteochondrodysplasia. ”Vet Radiol Ultrasound. 2004 Nov-Dec;45(6):582-5.

遺伝子で疾患発症リスクを読み解く

2016年の原因遺伝子の発見によって、スコティッシュフォールドの遺伝性骨軟骨異形成症の発症リスクを判定することが出来るようになりました。

具体的には、綿棒を用いて猫の口腔粘膜のDNAから、原因遺伝子てあるTRPV4遺伝子の1塩基の変異を調べます。

その判定結果は以下の通りです

gentetest_judge.png
​調査結果をフォトブックにまとめました

遺伝子検査モニターに参加いただいた方へ、検査結果の集計結果つきフォトブックをお送りします。

飼い主さんが撮影し、お送りいただいた写真や、今回の遺伝子検査結果全ての集計結果と、判定結果の説明、発症予防や症状緩和に必要な事項など掲載しました。

​モニター参加者には無料進呈

IMG_1059.JPG
IMG_1058.JPG

​ご購入をご希望の方は、以下から購入可能です。

​ペットの遺伝性疾患の実態をご理解いただき、遺伝子検査の普及の一助になればと思います。